トップページへ 米俵のディスプレーはいかがですか? 米俵の記念品・縁起物ギフト 米俵価格・サイズ一覧 おこめ おもち ご購入方法
| リンク | よくあるご質問 | サイトマップ |  
〜運営者自己紹介〜
 


●自己紹介
こめだわらドットコム運営責任者
成澤 正人 (なりさわ まさと)

メールアドレス : info@komedawara.com

  山形県は米どころ庄内平野、農家の長男に生まれながらも農業に携わることの大変さを改めて実感しています。
 ネットを通じて多くの人に米俵を使って頂くために、また先人の知恵の結晶である“米俵”を残してゆくために、このサイトを発足させました。

  山形県庄内地方は古くから米どころとして有名で、米俵を作る技能を持った方が多くいる土地です。こうした米俵職人さんの地場ネットワークの力を借りて、米俵をお求めのお客様のご要望にお応えしています。


●米俵に対する思い
  米俵は今でこそTVの時代劇、映画の中でしか見ることがありませんが、それらはごく最近まで実用的に使われていました。その役目も今はビニールや紙の袋が取って代わりましたが・・・。

  考えてみれば、私達の想像もつかないほど物が無かった時代、先人達は四季の織り成す自然の恵みだけで生活してきたわけです。今でもご年配の方は物を大切に、また有効に扱われますね。
お米と稲わらも例外ではなく、年に一度しか手に入らない貴重なものでした。(今でもそうですね)


 今ほど農業技術が発達していなかった時代、その年の米が豊作になるか凶作になるかは天気の行方次第で大きく左右され、その浮き沈みは極端だったはずです。
  そんな自然の摂理から授かった貴重な米と米俵は、今も大黒様の姿とともに“五穀豊穣”“家内安全”“商売繁盛”の象徴として私たちの記憶の中で生きています。

  今は大きくその役目を変え、ディスプレイや贈答品、各種儀式、映画撮影の小道具などとして皆様に愛されるものになりました。

 時代を経ても米俵は日本人にとって富と栄華の象徴であることでしょう。



当サイト内のすべてのコンテンツの無断転用(加工・改変)を禁じます。
Copyright(c)2005-2007 komedawara.com All Rights Reserved.